TOEICの勉強方法は「間違えた所」をメモる事!

TOEICスコア580点 受験12回目の方の勉強法をご紹介します。

「自分に合った参考書探し」から

私のTOEICの手順はまずは「自分に合った参考書探し」から始めます。TOEIC200点の人がTOEIC900点の人が読む参考書を読んでも難し過ぎて勉強にならないです。なので、私は「その時の自分に合ったレベルの参考書」を買う事にしています。そして「しっかりと読みやすく出来ている参考書」も大事ですね。絵が描かれていたり、大事な所しっかりと大文字で書いてくれるような親切な参考書は勉強をしていて楽しいので、コノような参考書を買うようにしています。

リスニングはしっかりと英文を見ながら聞く

勉強方法ですが、リスニングはしっかりと英文を見ながら聞くようにしています。そして、聞きにくかった単語は「聞きとりにくい単語」「他の単語と発音が似ている単語」のように参考書に書くようにしています。参考書は汚してナンボと聞きますが、私の場合も参考書は良い意味で文字を書きまくっているので、かなり汚いです。

なので友人に参考書を見せると「色々な文字が書かれていて読みにくい!」と言われてしまいますが、私からしたら読み心地は良いです。

リーディングの勉強方法は、まずは文法を極めます。リーディングの基礎は「文法」です。文法さえ出来れば解ける問題は山ほどありますので、まずは文法を極めます。

TOEICの頻出単語を勉強

その後は、TOEICの頻出単語を勉強をして、間違えた単語は別のノートに書き写します。間違えた所だけを集めたノートを作る事はとても便利です。そのノートさえ読めば、苦手な単語だけを集中して読めますし、人というのは「書く」ことによって、記憶力が増すので、単語を覚えやすくもなるのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です