Toeicerが教えるtoeic短期点数UP勉強法

TOEIC受験対策、短期勉強法のノウハウをToeicerが教えます。

Toeicは上達のカギは質より量

TOEICは質より量!

TOEICは、時として「運」が絡むテストである。

「運も実力のうち」とよく言うが、事前にコンディションを整えて、存分に実力を発揮できるように整えよう。

「運」がどこに関係しているかというと、主に下記の3つだ。

  1. 会場運(設備編)
  2.  会場運(家からの移動編)
  3. 自分の力でなんとかできる編

 

1.会場運(設備編)

都市圏だと毎回違う受験会場に飛ばされるし、会場によって設備が違う。

もちろん一定の条件を満たしていないと、公式にTOEICの受験会場になることはできない。

その基準はかなり厳しいものだ。

しかし、その一定の条件を満たした会場であっても、差があることは知っておいた方がいい。

  • 数百人を収容できるような大ホール
  • リスニングの音が反響してよく聞こえない
  • 電気が少し暗い

こんな会場に当たった時は、心理的に腹を括る必要があると思う。

会場にその設備しかなければ、それ以上の改善は無理だからだ。

TOEICは、場合によっては切羽詰まった人が受験しにくる。

昇進がかかっている人だっている。

そういう人が上に書いたような会場にあたると、つい少しだけ声を荒げたくなることもあるだろう。

「音!これが最大ですか!」

「ちょっ電気!もっと明るくなりませんか!」

こんな風にイラついている人が隣にいても、決して焦ってはいけない。

大切なのは、出来る限り心理的に余裕を保っておくことだと思う。

そのためには、TOEICはスケジュールの予定がつく限り、毎回受験することをお勧めしたい。

「まぁ来月があるし」と思えることが、心理的な余裕を産むからだ。

一発勝負はできるだけ避けるように調整しよう。

 

2.会場運(家からの移動編)

どこの会場に当たるかは、受験票が届くまで分からない。(郵便番号で毎回振り分けられているという噂がある。)

家から遠い会場、アクセスの悪い会場に当たることはよくある。

大学がTOEIC会場になることも多く、最寄りの駅から15分以上歩かないといけない場合や、駅から送迎バスに乗らなくてはいけないこともある。

そういった場合は、ついがっかりしてしまうものである。

当日の朝も、色んなことが起きる。

雨が土砂降りだったり、電車が遅れたりすれば、ついイライラしてしまうこともあるだろう。

努めて余裕を持つようにしよう。

※自分なり「余裕スイッチ」のすすめ

おすすめは、自分なりの「余裕スイッチ」を決めておくことだと思う。

TOEIC受験の日のマイルールとでも言えるだろうか。

自分の力でどうにもならない点(会場や天気など)で好ましくない事が起きた場合に、「これをする」と決めておくことだ。

例)
「雨があまりにひどい時は、タクシーに乗る」
「早めに会場近くまで行って、喫茶店で時間を潰す」
「会場に1番乗りして周辺を歩いてみる」
「敢えてその日の朝は復習しないと決める」

など、何でもよい。

自分が一番心穏やかに過ごせるように、マイルールを作っておこう。

Comment On Facebook